Akerun Pro APIでできること10選 / Akerun Advent Calendar 14日目

f:id:photosynth-inc:20161215205132j:plain

この記事はAkerun Advent Calendar 14日目の記事です。

今日もkazuphが担当しますよん。

Akerun API

photosynth-inc.github.io

AkerunにはWeb APIあります。今のところ会社で使っているAkerunの一覧と開閉などの履歴の取得のAPIのみですが、それだけでもかなり使い勝手いいと思いますので、今回は僕が思いつく限りのアイディアを紹介したいと思います。

ちなみにAkerun Proは中小企業向けなので、会社でのアイディアがメインになります。

履歴参照APIを使った場合のアイディア

① 誰がどこにいるかを確認する

f:id:photosynth-inc:20161215205633p:plain

Slack Botに質問すると誰がどこにいるのか教えてくれる。執務室以外にも会議室につけておくと「今ミーティング中だよ〜」とかわかって便利です。残念ながらトイレには付けられないので他を当たってください。

②簡易的な勤怠システムを作成する

f:id:photosynth-inc:20161215205927p:plain

自分が会社にどれくらいいたのかわかるとあとから振り返りのとき便利ですよね。 テキストでもいいですが、Spreadsheetにまとめたり、専用のWebアプリケーションをつくってもいいかもしれません。

③会議室の空き状況把握

f:id:photosynth-inc:20161215210135p:plain

立ち話が発展して「よしじゃあ今からミーティングしよう!」となったときに、さっと確認できて便利です。また本当はミーティングが始まってなくて、開きっぱなしになっていれば、Googleカレンダーと連携して、予定をキャンセルしてくれたりすると、会議室の利用率向上にも貢献してくれそうですね。

④退出したら無条件にパソコンの画面をロックする

f:id:photosynth-inc:20161215214433p:plain

うっかりパソコンのロックを忘れてしまった。5分後に自動ロックされるようにしているけど、それでもうっかり忘れちゃうのは怖い。そんなときには、退出ログを確認したときには、自動で画面をロックするようにしていると便利かもしれません。少なくともMacではApple Scriptを実行すればロックは一瞬なので、そういうプロセスを置いておけばよさそうですね。

⑤今オフィスにいる人に合わせて音楽を鳴らす

f:id:photosynth-inc:20161215212034p:plain

仕事中に音楽を流せる職場なら、今いる人に合わせて予め登録してあるプレイリストをミックスして再生とかするとおもしろいかもしれません。 エンジニアしかいないならアニソン、事務のお姉さんが来たら流行りのJ-POP、社長が出社したら無条件に北島三郎など、チューニングはあなた次第。 Youtubeでいいなら、APIがあるので、やりやすそうですね!

⑥定時後に退社したら奥さんのLINEに通知する

f:id:photosynth-inc:20161215211949p:plain

いわゆる「これから帰る?」ですね。 いつも同じことを繰り返すのは面倒なので、自動化しちゃいましょう。

⑦帰りの遅い人には注意する

f:id:photosynth-inc:20161215212155p:plain

残業続きは身体に毒です。APIで取得した履歴から帰る時間を算出して、遅かったら労ったり、仕事を調整して上げましょう。 Akerunの入退出ログはドアの開閉に紐づくので少なくともほふくでは突破できません。ドアが開けっ放しにされても警告音を鳴らせますし、ズルはしずらいかなーって思います。

⑧仕事の進捗とオフィスにいる時間の相関を取ってみる

f:id:photosynth-inc:20161215212742p:plain

Akerunでは入退室のログが全部取れるので、どれくらいオフィスにいたのかを正確に把握することができます。

長くいれば生産性が上がるというわけではないと思うので、ちゃんと統計を取ってみると案外すぐ帰る人の方が最終的な生産性がいいかもしれません。 働くお母さんの方が生産性が高いみたいなデータが取れるかもしれませんね。

⑨社内の電話システムと連動してオフィスにいる人の前の電話に転送するようにする

f:id:photosynth-inc:20161215213424p:plain

オフィスが広くなってくると、いろんな場所で電話が鳴って、電話を取りたくても走ってその島にいかないといけないということがありますよね(他の島の電話が取れるやつもありますが)。

そういうときは、いる人の席にある電話だけなるようにすると捗るかもしれません。最近は電話の転送設定がウェブだけでできるので、APIがなくても最悪自動でブラウザ操作すればいけるかもしれません。

⑩退出したときに、雨が降ってそうならアプリに通知する

f:id:photosynth-inc:20161215213534p:plain

退出したタイミングで雨情報をその人に通知するような仕組みがあると便利かもしれません。 下まで降りて雨だと気づいてまた上の階のオフィスまで傘を取りにいくのは大変なので。

まとめ

いらすとやさん便利。

じゃなかった。ということで、ざっと思いつたアイディアを書き出してみました。 まだまだ便利でおもしろいアイディアは沢山あると思うので、Akerunを導入した際は是非APIも使ってみてください!

株式会社フォトシンスでは、APIやWebツールをもっと良くしてくれる、Railsエンジニアを募集しています! www.wantedly.com